支援の概要
特別修学サポートルームで行っている障がい学生に対する支援の概要は、次のとおりです。
修学上の問題
<自閉症スペクトラム障がい>
・レポート提出確認 
・ゼミ発表リハーサル実施
・テストではなくレポートで評価
・コミュニケーショントレーニング
<ADHD不注意型>
・レポート提出確認、教員へ締切延長依頼
・授業出席確認
・試験時間延長、別室受験
<視覚障がい>
・教科書の電子データ化
・読み上げソフト使用
・紙資料の拡大印刷配布、白色用紙使用
・試験時間延長、別室受験
・試験時持ち込み可の場合のiPad使用許可
・試験時の問題文、解答用紙のデータ渡し(iPad用特製USB使用)
・PCでの解答用紙作成、印刷して提出
・板書を大きく丁寧に
・見えにくいチョーク(赤や青等)を使わない
・有斐閣出版、成美堂との電子データ化における「覚書」の締結、データ提供
・新潟市障がい者ITサポートセンターとの連携
<聴覚障がい>
・FM補聴器の使用
・座席指定(前方)
・教員は板書しながら話さない
・教員はマスクをせず、口を大きく開けて話す
・ノートテイク(パソコン・手書き)
<肢体不自由>
・化学実験用高低適応机の購入
・車椅子用机の使用全講義室設置
・車椅子専用駐車場の確保、増設
対人関係の問題
・学科内の友人関係
・教員とのトラブル(イライラして暴言を吐き退室)
メンタルヘルス
・不眠
・不安
・友人関係
就労関係
・卒業、修了、中退後の進路について
・就労支援所紹介
・就職活動への不安・適した仕事とは
・キャリアセンター、ハローワークとの連携
その他
・障害者手帳の取得方法
・医療費受給者証の取得方法
・昼食場所の提供(昼食会)
・新潟障害者職業センターの支援会議参加
・LGBTの悩み(LGBTは発達障がい等ではないが、困難さが有り、支援の対象としている。)
  • ホーム
  • ページトップ