新潟大学教育・学生支援機構
当センターのご紹介

学生支援センターは、教育組織(学部及び研究科)及び保健管理センター等の関連組織と有機的に連携し、入学から卒業(修了)まで学生を総合的に支援するため、3部門を設置しています。

【学生支援部門】
学生の生活支援の企画・立案及び学部・学科・学年を超えて教職員とともに地域と連携した様々な活動を行う、本学独自の取り組みであるダブルホーム制の企画・実施、改善等を行います。
【学生相談部門】
学生生活のなかで、学業・進路・人生・対人関係・家庭・金銭といった問題に悩んだ時、きめ細かい相談体制で充実した学生生活が送れるように問題への解決をサポートします。
【障がい学生支援部門】
障がいを有する学生(本学への入学を希望する者を含む。)が必要とする合理的配慮について、教育組織とともにサポートします。

組織スタッフ

以下の構成員で運営されています。

箕口 秀夫 (学生支援センター長)
○学生支援部門
 松井 賢二 (学生支援部門長)
 高橋 秀樹 (学生支援部門副部門長)
 櫻井 典子 (特任准教授)
○学生相談部門
 長谷川 雪子(学生相談部門長)
 布施 直美 (准教授)
○障がい学生支援部門
 長澤 正樹 (障がい学生支援部門長)
 橘  輝  (障がい学生支援部門副部門長)
 能登 宏  (特任准教授)
 浅田 知子 (特任助教)
主な業務

・学生の生活支援の企画・立案に関すること
ダブルホーム制の企画・実施、改善等に関すること
学生相談に関すること (学生支援相談ルーム)
・障がいのある学生(本学への入学を希望する者を含む。)の修学支援等に関すること
(特別修学サポートルーム)
・学外学修の支援に関すること
・その他センターの目的を達成するために必要な業務

  • 学生の生活支援

  • ホーム
  • ページトップ