確かな専門の学びと幅広い学びを実現するメジャー・マイナー制

新潟大学 全学分野横断創生プログラム新潟大学 全学分野横断創生プログラム

高校生・受験生のみなさんへ

高校生・受験生のみなさん、
こんにちは!

NICEプログラムは、2021(令和3)年度からスタートした、新しい教育プログラムです。
NICEプログラムは、学部で学ぶメジャー(主専攻)をベースに、学部の枠を越えた幅広い分野をマイナー(副専攻)として学ぶことができるプログラムです。
本格的に大学や学部について考えるとき、NICEプログラムが持つ可能性を考慮に入れてもらえるとうれしいです。

やりたいことが明確に決まっている人は、その目標に向かって、迷うことなく大学や学部を選ぶことができると思います。
ですが、「やりたいこと」がはっきりしている人ばかりではないでしょう。
試験の点数で「行けそうな」大学や学部を選んでしまっている、家庭の諸事情から、大学や学部の選択肢を広げられない、
大学受験には、そんな側面もある気がします。

NICEプログラムには、みなさんのマイナー(副専攻)での学びをサポートするアカデミック・アドバイザーが在籍して
います。マイナーとして何を学んだらよいのか、どんなふうに学びを進めていけばよいかなど、迷いや不安を感じたら、
アカデミック・アドバイザーに相談することができます。
大学で「とにかく何かに挑戦してみたい」、「視野を広げたい」、「やりたいことを見つけたい」、そんな人たちを
NICEプログラムは応援しています!NICEプログラムで、自分の興味・関心を多角的に探究してみてください。

NICEプログラム 紹介資料

NICEプログラム紹介動画
「5分でわかる!NICEプログラム」

NICEプログラム履修生の声

佐々木 真理也さん経済科学部1年/秋田県出身

学修創生型マイナーを履修中。
テーマは「日本から見る国際支援」

現在、週4回フランス語の授業を受講しています。大変ですが、国際支援の現場で使える言語として、大学に入る前から勉強しようと決めていました。
マイナー学修をはじめた理由は?

大学に入る前から、将来は国際支援にかかわりたいと思っていました。国際支援の現場では、資金が尽きると事業が進まなくなってしまうので、経済的な視点を持つことは大切です。そこで、メジャーは経済学を選びました。ですが、せっかく総合大学に入ったのに、経済学を学ぶだけでは物足りない気がして、マイナー学修を始めました。
将来やりたいことにつながるものを学んだほうが充実するだろうと思ったからです。

いま、マイナーとしてどのような科目を履修していますか?

「平和学概論」と「医療ボランティア論」、「医学と医療の歴史」の3科目を履修しています。「平和学概論」は、紛争や環境問題といった国際レベルの問題をテーマとして扱っていて、学生同士でディスカッションをして意見を共有します。ほかの受講者のひらめきや意見などは、自分の発想にはないものなので、視野が広がって刺激的です。

将来についてどのように考えていますか?

国際支援に携わる民間企業で投資に関わりたいと思っています。

メジャーとマイナーの両立は大変ではないですか?どんな時間割で1週間過ごしているのか、教えてください!

月曜日から金曜日まで毎日授業を入れています。対面で実施されている授業があるので、週3日大学に来ています。1年次の第3タームは、水曜日にマイナー履修科目を2つ履修しているため、5コマ連続となってしまいました。

 
1     【マイナー履修】
医療ボランティア論
   
2   初修外国語
(フランス語)
初修外国語
(フランス語)
初修外国語
(フランス語)
 
3 人文社会科学入門
(木3とセット開講)
データサイエンス
総論
スタディスキルズ 人文社会科学入門 初修外国語
(フランス語)
4     【マイナー履修】
医学と医療の歴史
アカデミック英語
(リスニング)
【マイナー履修】
平和学概論
(2コマ連続開講)
5 アカデミック英語
(リーディング)
  日本経済入門  
6          
高校生・受験生へのメッセージ  わたしが大学受験をしたころは、新型コロナウィルス感染症の流行まっただ中でした。大学に合格しても、どんな大学生活になるのか見通しが立たない状態。オンライン授業といわれても、それで大学の授業が理解できるのか、ついていけるのか、とにかく不安が大きかったです。
 けれど、入学してみたら、オンライン授業でも理解を深めるための工夫がこらされていて、授業の不安はすぐになくなりました。いまは、マイナーとして医療ボランティアに関する科目を受講していますが、メジャーとは異なる分野でも理解に不安はなく、モチベーションを保って履修できています。
園部 紗依さん経済科学部1年/新潟県出身

学修創生型マイナーを履修中。
テーマは「組織から社会へ、社会から働くことについて」

「まなび屋」というサークルに所属して、2週間に1回、地域の小学生の学習支援をしています。
あわせて、ボランティアサークル「ボラんち。」でも活動中です!
『分野横断デザイン』を履修したきっかけは?

大学に入学すると、どんな科目を学ぶかを含めて、時間割を自分で決めることができます。でも、メジャーのほかに何について学んだらよいのかがわからなかったので、それを考えてみようと思い「分野横断デザイン」を履修しました。

「分野横断デザイン」はどうでしたか?

グループワークを通して、ほかの人の興味・関心に触れることで、視野が広がりました。自分自身は「働くこと」に興味があって、それを深掘りしていくうちに、組織の中での個人の役割について考えるようになりました。「組織」というキーワードで世の中を見直してみると、自分にとって身近なものや、自分が学んでいること、それらと社会との接点が見えてきた気がします。夏休みに新潟県内の企業へインターンシップに行きましたが、この授業を受けたことで「心がまえ」を持ってインターンシップに取り組めました。

マイナーとして、どんな科目を履修していますか?

「キャリア意識形成と自己成長」を履修しています。いろいろなキャリアを持つ人がゲスト講師として講義をするオムニバス形式の授業です。講義の後にはグループで意見の共有をします。講義から職業の多様性を知ることができるだけでなく、いろいろな働き方・考え方があるということがわかりました。さまざまな職種で働くことのエッセンスを自分の中に取り込みたいと思っています。

メジャーとマイナーの両立は大変ではないですか?どんな時間割で1週間過ごしているのか、教えてください!

月曜日から金曜日まで毎日授業があります。語学の授業は対面開講なので、週3日大学に来ています。
1年次の第3タームは、1科目(2コマ連続開講)だけマイナー履修しています。

 
1   初修外国語
(中国語)
初修外国語
(中国語)
  初修外国語
(中国語)
2 キャリア形成と
法制度
    キャリア形成と
法制度
 
3 人文社会科学入門
(木3とセット開講)
【マイナー履修】
キャリア意識形成と
自己成長
(2コマ連続開講)
スタディスキルズ 人文社会科学入門  
4   データサイエンス
総論
アカデミック英語
(リスニング)
 
5 アカデミック英語
(リーディング)
  日本経済入門    
6          
高校生・受験生へのメッセージ  大学に行くことや学部の選択など、いろいろ考えた上で新潟大学の経済科学部を受験しました。コロナ禍でオンライン授業からのスタートとなりましたが、インターンシップの事前・事後活動のために、オンライン上のコミュニケーションを重ねて、友だちもできました。1年生という早い段階で企業インターンシップができたことで、大学と企業(社会)それぞれの「ものの見方」をバランスよく学べたように感じています。