ホーム授業改善プロジェクト平成27年度
授業改善プロジェクト
授業改善プロジェクトとは?

新潟大学では、教育開発のための研究プロジェクトとして、現在、学内公募による「授業改善プロジェクト」を実施しています。 この授業改善プロジェクトは,国際的通用性のある本学の教育理念(自立した創造的学習者の育成)を達成するために、学習者中心にシフトした教育・学習改革に関わるプロジェクトを支援し、本学の授業改善を奨励することを目的としています。 申請課題は,以下の基準の少なくとも一つを満たすものの中から、成果の普遍性、重要性、緊急性などを考慮して採択されます。なお,小備品の購入や旅費を主目的とするものは採択されません。

・本学の授業方法などの改善に資すること。
・何らかの手法で、改善効果を検証することができるものであること。
・改善手法が学科・部局の枠を越えて適用可能であること。

1件30万円程度で5件程度を採択することを予定しています。また、採択されたプロジェクトについては、毎年3月に開催される全学FD「学習・教育研究フォーラム」で報告することになっています。 学位プログラム支援センターでは、この報告会の模様を収録したDVDを所蔵しております(平成20年度~)。ご覧になりたい方は当センターまでお問い合わせ(info-iess@ge.niigata-u.ac.jp)ください。

採用プロジェクト一覧

平成27年度
申請者 部局名 改善計画の名称 詳細(学内のみ)
朔 敬 歯学部 クリッカーをもちいた相互応答性のある講義形態へのシフト download_icon
田中 環 理学部 高度情報教育における計算環境の構築 download_icon
永井 雅人 経済学部 アクティブ・ラーニングと専門性の高い実践的な教育の両立を目指した経済学分野の合同演習の実施 download_icon
土佐 幸子 教育学部 タブレットを用いたアクティブラーニング型の探究的大規模講義の実践 download_icon
齋藤 陽一 人文学部 反転授業による初年次教育(大学学習法)の試み download_icon


  • 教育実施部門
  • 学務情報部門
  • 大学院教育支援部門
  • 授業評価アンケート
  • 授業改善プロジェクト
  • 学長教育賞
  • 基準枠組み