ホーム授業改善プロジェクト平成21年度
授業改善プロジェクト
授業改善プロジェクトとは?

新潟大学では、教育開発のための研究プロジェクトとして、現在、学内公募による「授業改善プロジェクト」を実施しています。 この授業改善プロジェクトは,国際的通用性のある本学の教育理念(自立した創造的学習者の育成)を達成するために、学習者中心にシフトした教育・学習改革に関わるプロジェクトを支援し、本学の授業改善を奨励することを目的としています。 申請課題は,以下の基準の少なくとも一つを満たすものの中から、成果の普遍性、重要性、緊急性などを考慮して採択されます。なお,小備品の購入や旅費を主目的とするものは採択されません。

・本学の授業方法などの改善に資すること。
・何らかの手法で、改善効果を検証することができるものであること。
・改善手法が学科・部局の枠を越えて適用可能であること。

1件30万円程度で5件程度を採択することを予定しています。また、採択されたプロジェクトについては、毎年3月に開催される全学FD「学習・教育研究フォーラム」で報告することになっています。 学位プログラム支援センターでは、この報告会の模様を収録したDVDを所蔵しております(平成20年度~)。ご覧になりたい方は当センターまでお問い合わせ(info-iess@ge.niigata-u.ac.jp)ください。

採用プロジェクト一覧

平成21年度
申請者 部局名 改善計画の名称 詳細(学内のみ)
四ッ谷有喜 実務法学研究科 習熟度別学習支援のためのeラーニング教材及び活用方法の開発 download_icon
長谷川功 医学部 「発言ポイント制」の導入による双方向性授業システム download_icon
真水康樹 法学部 歴史認識問題について英語等により相互認識を深める演習科目 download_icon
關尾史郎 人文学部 大学学習法におけるコンピテンシーの研究 download_icon
柳沼宏寿 教育学部 美術教育実践のアーカイブ作成プロジェクト  ~下川手集落との連携による児童画研究の学習プログラム~ download_icon


  • 教育実施部門
  • 学務情報部門
  • 大学院教育支援部門
  • 授業評価アンケート
  • 授業改善プロジェクト
  • 学長教育賞
  • 基準枠組み