ホーム新着情報一覧第11回ダブルホームシンポジウムを開催しました
新着情報
第11回ダブルホームシンポジウムを開催しました

地域活動を通して学生たちが成長を目指すダブルホームが「ダブルホームシンポジウム」を12月14日(土)に開催しました。このシンポジウムは2009年度から学生主体で企画・運営を行っており、各ホームの活動について活動地域の方々と共に考える大切な場となっています。

11回目となる今年のシンポジウムテーマは「進歩〜地域の一員へ〜」でした。学生たちが地域の一員となって今後の活動をさらに充実させていくためにダブルホーム活動にかかわる地域の方・学生・教職員で多様な視点から対話し、学び合う1日になりました。

今年のシンポジウムは、主に全体会、分科会、ホームミーティングで構成されました。
全体会では、地域の方や学生・教職員に向けて事前に実施したアンケート結果が報告されました。参加者は、各々の活動や地域への思いを確認して分科会に臨みました。
分科会では、5・6人から成るグループで2ホームの議題について話し合いました。他ホームの議題について話し合うことで、自分たちの課題解決に向けた新たな視点を取り入れることができたようです。
続いて行われたホームミーティングでは、ホームごとに分かれて分科会で得た意見や考えなどを共有し、今後の活動の方向性について検討しました。

地域との関係を深め、地域活動に対する熱い想いを語り合った今回のシンポジウムは、ダブルホームのさらなる発展へつなぐ有意義な場となりました。

分科会:地域の一員になるための課題についてホームを越えて話し合いました


ホームミーティング:次年度からの方向性を検討しました


集合写真:活動地域の方を含む約300人が参加しました

新潟大学 大学教育再生加速プログラム
新潟大学学士力アセスメントシステム
各種シンポジウム(情報公開)
  • 教育プログラム支援センター
  • 全学教職支援センター
  • コモンリテラシーセンター
  • ホーム
  • ページトップ