ホームニュース一覧AP事業テーマⅣ採択校合同執筆書籍「長期学外学修のデザインと実践-学生をアクティブにする-」を出版しました
新着情報
AP事業テーマⅣ採択校合同執筆書籍「長期学外学修のデザインと実践-学生をアクティブにする-」を出版しました



2019年5月10日(金)に,AP事業テーマⅣ採択校合同執筆書籍「長期学外学修のデザインと実践-学生をアクティブにする-」を出版しました。

本書籍は文部科学省大学教育再生加速プログラム(AP)テーマⅣ「長期学外学修(ギャップイヤー)」を契機とし,クォーター制導入など学事暦の工夫によって学外のプロジェクト型学習(PBL),インターンシップ,ボランティア,留学等を推進する長期学外学修プログラムをテーマとしたものです。

「長期学外学修プログラム」の政策的・学術的背景について理論的に解説するとともに,採択された国公私立大・短大・高専計12校それぞれの挑戦的な実践事例の詳細と,そこで生じた成果と課題を議論した一冊となっております。

書籍の詳細はこちら

長期学外学修のデザインと実践


目次

  • 新潟大学 大学教育再生加速プログラム
  • NIIGATA COC+
  • 新潟大学
  • ホーム
  • ページトップ