新潟大学 大学教育再生加速プログラム

HOME推進体制

推進体制

 新潟大学のAP事業は、教育・学生支援機構連携教育支援センターが推進します。連携教育支援センターは2017年4月に設置され、「連携教育企画部門」と「学外学修支援部門」の2つの部門で構成されます。学外学修の開発・推進については、主に「学外学修支援部門」が中心的に担います。
 新潟大学AP事業では、学内のみならず、自治体、産業界、外部有識者など学外の皆様からのご助言・コメント等をいただく体制として「AP事業推進協議会」を設置しています。こうした学外との協働的な関係を構築しながら、学外学修プログラムの設計開発及び評価を行いながら、事業を推進していきます。

AP組織体制図

準備中
新潟大学の組織体制はこちら
機構の概要はこちら
ページトップ